桶屋がつくる弁当箱 専用袋

讃岐弁

香川県木田郡三木町にある『谷川木工芸』

 

"持ち運べるおひつ"専用の弁当袋です。

 

紙袋のような形状はシンプルで使やすく、持ち運びに便利です。

 

開口部にはお箸が入るポケット。丸める事で持ち手として使えます。

 

オリーブ帆布と谷川木工芸帆布を『繋ぐ』ことでまったく新しいものが生まれました。

 

たて 34

よこ 30

 まち 15

(税込)5,400-

 

メールでのお問い合わせ

お電話でのご注文080-6289-9590

 お弁当箱とセットでのご注文


特製ランチバッグ

香川県三木町 三代続く老舗桶屋、谷川木工芸

 

この度、谷川木工芸さんの新商品、昭和弁当箱『讃岐弁』を包む袋の製作依頼をいただきました。新しいことにチャレンジするCargoShipらしいランチバッグの完成です。

谷川木工芸帆布

私たちのオリーブ帆布は、讃岐山脈の新鮮な水に小豆島でとれたオリーブの葉をかけあわせて

つくる他にはない特別な帆布です。

 

今回特別に製作した『谷川木工芸帆布』は、木工芸様の工房がある香川県三木町「虹の滝」にて採取した新鮮な水に、桶の製作過程で削られた吉野白杉の木くずをかけあわせて、丁寧に染め上げたこだわりのオリジナル帆布となっております。

媒染液には特別に、たがに使われる銅を使っております。

 

繋ぐことで生まれた新しさ

谷川木工芸帆布とオリーブ帆布を『繋ぐ』ことで、伝統と調和した他にはない特別な袋の完成となりました。

『讃岐の弁当箱』とのセットはこちら